スポンサーリンク

『海ぶどう』おすすめの食べ方!おうちで美味しく味わうコツは?

沖縄料理

プチプチした食感がたまらない、沖縄を代表する海藻『海ぶどう

海ぶどうを家で味わいたい!どうやって食べると美味しいの?
簡単なコツを知っていれば、おうちでも美味しく味わえますよ!

というわけで今回は、海ぶどうの食べ方や保存方法、おすすめ料理を紹介します♪

海ぶどうのことを知って、おうちで海ぶどうを美味しく召し上がってくださいね!

スポンサーリンク

『海ぶどう』の正しい食べ方・保存方法とは?

粒々とした姿・形がぶどうに似ていることから名付けられた「海ぶどう
独特な見た目ですが、プチプチとした弾ける食感と塩気の効いた味にハマる方もいらっしゃるのでは?

ヘルシーで栄養価も高く、ミネラルやビタミン、鉄分やカルシウムを豊富に含んでいるので、健康的な食材としてもおすすめです!

海ぶどうは沖縄ならではの食材で、沖縄以外では沖縄料理店のメニューや物産展で見かけたり、インターネットで取り寄せ出来ます。

ここではおうちで海ぶどうを味わう際に役立つ、食べ方や保存方法をお教えしますよ~!
海ぶどうを購入したり貰ったりした時、せっかくいい海ぶどうでも、間違った扱いをすると食感が悪くなってしまったり萎れてしまう事もありますので、初めて食べる方にはぜひご覧頂きたいと思います。

海ぶどうは冷蔵庫には入れず常温で保存!

海ぶどうを保存する際に大事なポイントは、常温で保存するという点です。
間違っても、冷蔵庫にはいれないでくださいね!

海ぶどうは暖かい海水で育っているので、10度以下の温度ではしぼんでしまうのです。
そうなるとせっかくのプチプチ感が台無しになってしまうので、注意しましょう。

適温は15~28度ぐらいなので、夏場は蓋付きの発泡スチロールなどに入れて保存しておくのがベストです。

食べる前に冷水ですすぐ!

海ぶどうについた汚れや海水の塩気を落とすため、さっと水で洗いましょう。
長時間水につけておくと、実がしぼんでプチプチの食感が失われてしまいます。
さっと洗うことがポイントです!

最初は張りのある粒でも、時間が経つと若干元気がなくなって食感が劣ってきます。
ですが、氷を少し入れた冷たい水ですすぐとシャキッとしたプチプチ感がもどってきますよ。

『海ぶどう』おすすめの食べ方!

海ぶどうはそのままでも美味しいですし、おすすめのアレンジ料理もありますのでご紹介します♪

そのままタレにつけて

海ぶどうのプチプチ食感を味わうには、まずはシンプルにしょう油や三杯酢、ポン酢などをつけて食べましょう。
ポン酢はシークワサーポン酢やゆずポン酢などもおすすめです。

タレは、お刺身のようにつけて食べるのがポイントですよ!
つけずにかけたり浸したりしてしまうと、海ぶどうはびっくりする程粒々がしぼんでしまいますので要注意です‼

サラダに合わせて

海ぶどうをトッピングしたサラダもおすすめです。
サラダの場合は、ドレッシングは食べる直前にかけましょう!
海鮮と合わせたり、さっぱりかつお節をふって頂くのもよいですよ♪

ご飯にのせ丼にして

海鮮や山芋と合わせて丼で頂くのも絶品です。
簡単に出来る「まぐろ海ぶどう丼」をご紹介します!

まぐろ海ぶどう丼

ごはんに海ぶどう、まぐろ、温泉卵をのせたどんぶりです。
だし醬油をかけて頂くのがおすすめですよ。
トロトロの温泉卵とまぐろ、海ぶどうのプチプチの食感の組み合わせが何とも言えない美味しさです!

まぐろの代わりにお好みの海鮮と合わせるのもアリです。
この丼のほかにも、とろろと海ぶどうの組み合わせも、トロトロとプチプチの食感が楽しめますよ。

『海ぶどう』の食べ方のまとめ

今回はおうちで海ぶどうを美味しく味わうコツと食べ方をご紹介しました。
ぜひおうちでプチプチの食感を味わってみてくださいね!

今回はここまでとなります。最後までご覧頂きありがとうございました。
次回をお楽しみに!

ではでは~☆

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました