スポンサーリンク

台風14号2020進路予想!最新のWindy予想図と日本接近はいつ?

ニュース

2020年10月5日、台風14号(チャンホン)が発生しました。

進路によっては日本に近づく恐れもあり、今後の進路に注意が必要とのことです!

気になる進路は?

Windyの進路予想で見てみましょう!

スポンサーリンク

台風14号2020・Windy進路

Windyは、スーパーコンピューターによる予想を行うヨーロッパ中期予報センター【ECMWF】という機関をモデルにしているツールになります。

天気予報を視覚的に見ることができ、進路も分かりやすいかと思います。

画面下の赤色の矢印を動かすと、予報が時間の経過と共に進行します!

さらには、画面右上の【風】をタッチすると、雨・雷などに変換され、様々な気象を知ることが出来ます。

台風14号2020の日本接近はいつごろ?

まだ進路は不確定ですが、日本に接近する可能性は高そうです。

Windyの予想図の時間を進めてみると、現段階では、10月9日に九州の下辺り、10月10日に四国の下辺りに接近しています!

あくまで現段階での進路予想となります。

 

10月6日更新

10月6日9時の時点で、台風14号は日本の南の海を北寄りに進んでいて、今後、暴風域を伴う見通しです。

現段階でも進路予想の幅は広域となっています。

現段階の情報では、今後、勢力を強めながら沖縄地方に向かう見込みです。
沖縄地方では、7日から10日にかけて大しけや暴風となる恐れがあるとのことです。

そして、8日(木)ごろには南西諸島、
10日(土)ごろには西日本に接近するおそれがあります。

 

Windyの動画の右上の印を【雨】に切り替えると、時間の経過とともに降水予想も見ることが出来ます!

前線と共に大雨の予報も出ていますので、参考にしてみてください。

 

10月7日更新

進路はおおむね定まってきたようです。
日本の南岸付近を東に進む可能性が高いとのことです。

まだ誤差は大きい段階ですが、
10日夜に関西、11日夜に関東に近づくようです。

 

10月7日更新

進路が北寄りに変わってきた模様です。

9日(金)以降、西日本に接近、

10日(土)から11日(日)にかけて関東に最も接近(または上陸)する見込みです。

 

10月9日更新

関東・房総半島に上陸の可能性はほぼなくなりました!
関東最接近は10日(夜)になる模様です。

日本に接近しますが、停電等のリスクは低い予想とのことです。

10月9日16時時点

四国の南側をゆっくりとした速度で東へ進んでおり、10日(土)15時ごろに紀伊半島の南側を通る見込みとなりました。

 

また新しい情報が入り次第更新させて頂きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました