スポンサーリンク

台風14号2020関東への影響は?電車や新幹線は運休する?

ニュース

2020日10月5日に発生した台風14号(チャンホン)ですが、10月8日時点でおおよその進路が定まってきました。

このままの進路で進むと、10日(土)から11日(日)朝にかけて東日本にかなり接近、または上陸するおそれも出ています。

台風14号の関東への影響と、鉄道の運行はどうなるのかまとめました!

スポンサーリンク

台風14号2020の関東への影響は?

10月8日の段階で、10日(土)に紀伊半島付近から関東付近へ進む見込みです。

10日(土)午後3時の予報円の直径は330キロとかなり小さくなり、関東南岸付近へ進む可能性が高まっています。

上陸するかの判断はまだ難しいところですが、台風の中心が紀伊半島から関東にかけて近づくため、大きな影響が出る恐れがあります。

暴風や高波、大雨に対して危険度が高くなる地域が出てきそうですので、警戒が必要ですね。

雨雲も発生

台風本体の雨雲のほかに、東側にもうひとつ活発な雨雲が発生していて、危険度が高く、猛烈な雨を降らせる恐れもあります。

関東南部や伊豆諸島の雨の降り方には特に注意が必要とのことです。

更新・10月9日10時推定

関東、房総半島に上陸の可能性はほぼなくなりましたが、引き続き大雨や暴風に警戒が必要です。

10月9日21時の情報

台風の進路は当初より南にずれ、陸地から離れた沖合を進むルートになったため、関東への接近の可能性も低くなりました。

依然、大雨の恐れはある為警戒が必要です。

台風14号の影響で鉄道は運休はするのか?

10月8日時点の情報になります。

JR東日本千葉支社では、列車の運休や遅れが生じる恐れが出ています。

9日更新
JR東日本では、運休の可能性がある路線は、外房線(上総一ノ宮~安房鴨川)と久留里線の2路線に変更されました。

東京メトロでも列車の遅延や運休の可能性があるそうです。

京急線の情報はこちらからご覧いただけます。


東海道新幹線では計画運休の可能性も。

更新
東海道新幹線の台風14号に伴う運転計画について
10月10日の運転計画の変更を検討しておりましたが、台風の進路変更に伴い、通常通り運転します。
との発表がありました。

10月9日更新

サンライズ瀬戸号サンライズ出雲号は、9日・10日の運休が決定しています。

JR西日本では、ワイドビュー南紀の運休が決定。

ゆりかもめは10日から11日にかけて、列車の遅れや運休の可能性があります。

公式サイトからご確認ください。

新たな情報が入り次第更新させて頂きます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました