スポンサーリンク

『豆腐チャンプルー』の作り方!簡単に本場の味を出せるプロのコツは?

沖縄料理

はいさい♪maryです。

今回は…
沖縄の定番チャンプルーのひとつ『豆腐チャンプルー』の簡単な作り方をお教えします!
沖縄料理店で出している作り方を、おうちで簡単に作れるようにアレンジしました♪

材料の豆腐の下ごしらえはゴーヤーチャンプルーの作り方と同じで、にんじんは前回同様しりしりにんじんを使いますよ~!
これまでの応用でパパっと作れてしまうので、ぜひお試しください‼

スポンサーリンク

『豆腐チャンプルー』の作り方!簡単下ごしらえ

豆腐チャンプルーはその名の通り、豆腐を使った炒め物です。
沖縄の代表的な家庭料理で、沖縄や沖縄料理店では島豆腐が使われています。
島豆腐とは、別名「沖縄豆腐」といい、よく水気を抜いて固く仕上げられた豆腐です。
島豆腐は固めなので、炒め物に入れても崩れにくいのです。

しかし島豆腐は手に入りづらいので…
木綿豆腐の水気を抜いて島豆腐のような食感を出してみましょう!

この作り方は、お店で出している作り方をご家庭用にアレンジしたものです♪
お店でも我が家でもしりしりにんじんを使用しています。
野菜などの具材はご家庭にあるものや、お好みのもので作ってみてくださいね!

材料

木綿豆腐       1丁
ポーク(又は豚バラ肉) 1/2缶
にんじん       5cm程
小松菜        お好きなだけ
(お好みの野菜・ニラ、キャベツ、もやしなど)
かつお節       適量

【調味料】
★顆粒和風だし    小さじ1
★しょう油      小さじ1/2
★水         大さじ1
塩             少々
サラダ油       適量

下ごしらえ

木綿豆腐をキッチンペーパーでくるみ、電子レンジで5分加熱します。
キッチンペーパーは2重が好ましいです。
加熱後、適当な大きさに切ります。

ポークは一口大に切り、にんじんは千切り(しりしり器を使ってもOK)、小松菜は3cm幅に切ります。
↑の写真の切り方を参考にして下さいね。
野菜はお好みで、キャベツやもやしを使ってもOK!

★の調味料を合わせておきます。

フライパンにサラダ油をひき、①の豆腐をひっくり返しながら炒め、軽く塩をふります。焦げ目が軽くついたら取り出します。

フライパンを軽く拭き、ポークを焼き色がつくまで炒め、こちらも取り出します。

ポークから出た油で、にんじん、小松菜の順に炒めます。
しりしりにんじんはじっくり炒めたほうが旨みがでます。
他の野菜を使う場合は、火の通りにくいものから順に炒めて下さいね。

炒めた豆腐とポークを加え、★の調味料を入れます。
味をみて塩を振り、お皿に盛ってかつお節をのせて出来上がり♪

『豆腐チャンプルー』作り方のプロのコツ

豆腐の水切り!

まず大事なのは豆腐の水切りです!
木綿豆腐をキッチンペーパーにくるみ、電子レンジでチンすることで水分が抜け、島豆腐のような食感になるんです。
ゴーヤーチャンプルーの作り方でも、この方法を使っていますよ。
水分を抜くことで、焼く際に油が跳ねにくくなる効果もあります。

豆腐は一度取り出す!

豆腐は最初に焼いて、一度フライパンから取り出しましょう!
ポークも一度取り出すのがおすすめです。
それぞれを別々に程よく焼くことで、あとで合わせたときにそれぞれの良さがでるんです!
豆腐はあとでフライパンに戻すことで、崩れ防止にもなります。

ひとつひとつ取り出すのは面倒…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ここが大事なポイントですよ♪

『豆腐チャンプルー』作り方とコツのまとめ

今回は沖縄の家庭料理「豆腐チャンプルー」の作り方を、プロのコツと共にお教えしました。
このコツを押さえたら、あとはご家庭にある食材で簡単に出来てしまうので、気軽に試してみてくださいね♪

今回はここまでとなります。最後までご覧頂きありがとうございました。
次回をお楽しみに!

ではでは~♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました