スポンサーリンク

『そうめんチャンプルー』くっつかない作り方!プロのコツとは?

沖縄料理

沖縄では馴染み深いチャンプルー『そうめんチャンプルー

おうちで簡単に作れそう!と作ってみると・・・
そうめんがくっつく!?
私もくっついてどうしようもなくなったことがあります。

しかし、沖縄料理屋さんの料理人がやっている手順で作るようになってからくっつかずに作れるようになりました!
そのプロのコツを伝授しちゃいます‼

スポンサーリンク

『そうめんチャンプルー』のくっつかない作り方!

そうめんとツナや野菜などを炒め、かつおだしで味付けをした『そうめんチャンプルー』
つゆにつけて食べるそうめんとはまたひと味違う美味しさがありますよね!

しかし、そうめんはすぐにくっつきやすくなり、炒めている間にくっついてとんでもないことになったりします。

とにかく茹でた麵を洗ったらすぐに短時間で炒める!
というところをポイントにして、作ってみましょう‼

材料

そうめん     2束
にんじん     5cm分
ツナ缶      1缶
★和風だしの素  小さじ1
★水       大さじ1
★塩       少々
サラダ油     適量
仕上げ用 きざみのり、ネギなどお好みで

作り方

にんじんは細めの千切りにします。
前回のにんじんしりしりの作り方を参考にしてくださいね。
しりしり器を使うと簡単ですよ。

フライパンに油をひき、弱火でにんじんを炒めます。
にんじんしりしりと同様に弱火でじっくり炒めることでにんじんの甘みが出ます。

その間に鍋にお湯を沸かし、そうめんを1分程固めに茹でます。

②のにんじんがしんなりしてきたら、ツナ缶を加え炒め、★の調味料を入れます。

手早く炒めないとそうめんがくっつきやすいので、③と④は同時進行が好ましいです。
お店でやっているプロの作り方ですので、それは難しい!という方は下のコツ・ポイントのところを参考にして下さいね~!

茹で上がったそうめんを流水で洗い、すぐに④のフライパンに入れます。
素早くあえるように混ぜたら出来上がり♪
お好みできざみのりやネギをトッピングしてくださいね。

『そうめんチャンプルー』の作り方!くっつかないプロのコツ

そうめんは固めに茹で、よく洗う!

そうめんは少しの時間で伸びてくっつきやすくなるので、あとで炒めることを考えて表示されている茹で時間より30秒程短くしましょう!

そして、麵の表面のデンプンのぬめりもくっつく原因になるので、茹でた麵をよく洗うのも大事です‼

残り物のそうめんを使う場合は、炒める直前にさっと冷水で洗って水気を切って使ってくださいね。

先に味付けをする!

プロの作り方は、茹で上がったそうめんをすぐ炒められるように、先ににんじんとツナを炒め、さらに味付けまでしておきます!

そうめんをフライパンに入れたあとに味付けしようとすると、全体にいきわたらなかったり、もたもたしているうちにそうめんがくっついてしまうので要注意です!

そうめんを先に茹でるといった作り方もありますが、その場合は茹でて水を切ったそうめんにツナ缶の油かサラダ油をまぶしておくとくっつき防止になりますよ。
ですので、同時は難しいという方は、先にそうめんを茹でて油をまぶしておくのが好ましいです!

とにかく素早く炒める!

ダラダラ炒めると、そうめんがベタベタになってしまいます。
そのためにも先に味付けしたところにそうめんを入れるのがベストです!

そうめんをフライパンに入れたら、とにかく素早く混ぜ合わせ、極力炒める時間を短くしましょう!

『そうめんチャンプルー』の作り方のまとめ

今回は、お店で実際にやっている「そうめんチャンプルー」の作り方とコツをお教えしました。
コツをおさえれば、格段にくっつきにくくなると思います。
うまく作れなかった経験のある方もぜひおうちで試してみてくださいね!

今回はここまでになります。最後までご覧頂きありがとうございました。

次回もしりしりにんじんを使って、これまた簡単な『豆腐チャンプルー』の作り方をお教えしますよ~!
次回をお楽しみに♪

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました